市民ダイアログ2018

戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)自動走行システムでは、自動運転に対する社会受容性の醸成を目的とした取組みとして、「戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)自動走行システムシンポジウム」を開催しました。

  • ◆ テーマ

  • ~あなたと考える自動運転の安心・安全~

1.開催趣旨

戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)自動走行システムでは、更なる自動走行システムの社会受容性の醸成に向け、自動運転に関する市民の理解向上と社会的受容性の醸成を目的にシンポジウムを開催しました。
産学官を代表する専門家による正確な情報提供の場を設けることで、市民の自動運転に対する不安を取り除き、正しい理解を深めることを目的として実施しました。

2.観覧方法

◆ 事前登録制(定員に空きがある場合は、当日先着順で受付予定)
当日来場者数 194名

3.開催概要

◆ 日時 平成30年10月7日(日) 10:00~12:00(開場9:30)

◆ 場所 東京国際交流館(東京都江東区青海2-2-1 国際研究交流大学村)
ゆりかもめ「船の科学館」東口より 徒歩約3分
りんかい線「東京テレポート」駅B出口より 徒歩約15分

◆ モデレーター
SIP自動走行システム推進委員会構成員 国際自動車ジャーナリスト 清水和夫氏

◆ 司会
SIP自動走行システム推進委員会構成員 モータージャーナリスト 岩貞るみこ氏

◆ 登壇者
SIP自動走行システム・プログラムディレクター 葛巻清吾氏
SIP自動走行システム・サブ・プログラムディレクター 有本建男氏
国土交通省 自動車局 技術政策課 自動運転戦略室長 平澤崇裕氏
警察庁 交通局交通企画課自動運転企画室長 杉俊弘氏
日本自動車工業会 自動運転検討会主査 横山利夫氏
中京大学 専門教授 中川由賀氏
東京農工大学 准教授 ポンサトーン・ラクシンチャラーンサク氏

4.開催内容

本シンポジウムでは、「あなたと考える自動運転の安心・安全」をテーマに、国土交通省や警察庁、日本自動車工業会、大学・研究機関の各方面で安心・安全について取り組む専門家がパネルディスカッションを行い、「自動運転はどれだけ安全でなければならないか」、「自動運転の事故の責任問題」、「自動運転の国際連携」などに関して議論をしました。

自動運転の技術や関連の法規制等に関し、国の活動状況や今後の課題について、様々な観点から意見交換を行いました。

5.関連資料

第1期&第2期 SIP-adusの取組み
(SIP自動走行システム・プログラムディレクター 葛巻清吾氏)

自動運転の実現に向けた取り組みについて
(国土交通省 自動車局 技術政策課 自動運転戦略室長 平澤崇裕氏)

自動運転の実現に向けた警察の取組について
(警察庁 交通局交通企画課自動運転企画室長 杉俊弘氏)

あなたと考える自動運転の安心・安全 自工会の取り組み
(日本自動車工業会 自動運転検討会主査 横山利夫氏)

ヒヤリハットデータベースを活用した予防安全の進化
(東京農工大学 准教授 ポンサトーン・ラクシンチャラーンサク氏)

自動運転をめぐる法的責任
(中京大学 専門教授・弁護士 中川由賀氏)
(SIP自動走行システム・サブ・プログラムディレクター 有本建男氏)

6.シンポジウムの様子