実証実験の取組

東京臨海部実証実験

4.羽田空港と臨海副都心等を結ぶ首都高速道路(一般道を含む)

(1) 概要

  • SIP第1期で実証実験が行われた高速道路での自動運転のエリアを拡張するため、インフラ協調システム(合流支援、ETC通過支援)の実証実験と、道路交通に対するインパクトアセスメントを、首都高速道路で行います。
  • 東京臨海部実証実験

(2) 実証技術の例(ETCゲート/本線合流支援情報実証実験)

  • 東京臨海部実証実験

1.全体

1-1. 公衆広域ネットワーク(V2N)による交通環境情報配信

1-2. 仮想空間による安全性評価環境の構築

2.臨海副都心地域(一般道)

3.羽田空港地域(一般道)

5.お知らせ

東京臨海部実証実験における自動運転車の走行計画について

交通影響調査のための映像データの取得について

東京臨海部実証実験において取得したデータの提供について

実証実験の取組のトップページに戻る