実証実験の取組

東京臨海部実証実験

5.お知らせ

東京臨海部実証実験の再開について(令和2年5月26日)

  • 新型コロナウィルス感染症対策本部長(内閣総理大臣)による東京都における緊急事態宣言の解除決定を受け、東京臨海部実証実験を「再開」します。
  • 3密の回避など引き続き新型コロナウィルス感染防止に心がけて実験を進めてまいります。
 

交通影響調査のための映像データの取得について

東京臨海部実証実験では、自動運転車両が周辺交通に与える影響を調査、分析するため、以下のデータ取得場所に設置したカメラから映像データを取得します。

取得した映像データは、交通流を統計的に分析、把握するものであり、通行している市民の皆様や車両等を特定するものではありません。また、映像データは、個人の特定につながらないよう十分に配慮するとともに、取り扱いについては厳重かつ適切に管理します。

なお、取得した映像データは、自動運転に係る調査研究、技術開発の目的で、外部機関等に提供する可能性がありますが、契約等により利用目的以外に使用することのないよう制限します。

■羽田空港と臨海副都心等を結ぶ首都高速道路(一般道を含む)

  • データ取得期間:令和2年3月16日(月)~令和2年12月末 (予定)
  • データ取得場所及びカメラ設置台数:首都高速道路1号羽田線空港西入口付近(4台)
  • 運用実施主体:三菱電機株式会社
  • 東京臨海部実証実験

    首都高速道路1号羽田線空港西入口付近におけるカメラ配置図と撮影範囲

■お問い合わせ先

東京臨海部実証実験窓口 TEL:03-5308-0909(平日09:00~17:00)

1.全体

2.臨海副都心地域(一般道)

3.羽田空港地域(一般道)

4.羽田空港と臨海副都心等を結ぶ首都高速道路(一般道を含む)

実証実験の取組のトップページに戻る